2013年03月10日

審判の目線で野球を見る

 WBCも盛り上がって?きましたが、WBCを見るたびに第一回の誤審問題を思い出します。といっても私が思い出すのは誤審そのものではなく、試合後の王監督のコメントです。「一番近くで見ていた審判がセーフと言ってるんだからセーフに間違いないんですよ。」という趣旨のコメントに当時の私は愕然としました。

 1死満塁で打者は6番・岩村。打球は犠牲フライには十分なレフトフライ。リードをとっていた3塁走者の西岡が3塁ベースに戻り、レフトが捕球した瞬間にスタート。球は内野に戻っただけで西岡はホームイン。という状況の中で、アメリカ側の「離塁が早かった」というアピールに対して2塁塁審はセーフの判定をしたが、球審が判定を覆してアウトにした。スローで見たら完全にセーフと思われるタイミングで誤審と球審の対応が大問題となった。というのが事の概略です。

 別に私はこの問題を今更蒸し返そうとは思いませんが、王監督のコメントに呆れ、情けない思いをしたのが未だに忘れられないのです。このケースでは、3塁塁審は打球を追い捕球の確認、2塁塁審が2塁と3塁の間に入って3塁でのプレーにも対応できるよう準備、球審がレフトの捕球位置と3塁の延長線上つまり捕球と離塁が同時に見られる位置に入る、というのが審判の動きで、従ってこの判定は本来球審がすべきであって、2塁塁審がしてはいけないわけです。2塁塁審は横から見ているわけですから、捕球と離塁を同時に見るのは非常に難しく、3塁に近づけば近づくほどより難しくなるわけです。それをですよ「一番近くで見ていた審判が・・・」なんて事を長年野球に携わり、野球界のトップと言ってもいい人が発言したことに呆れるやら腹が立つやら・・・。今思い出してもムカムカしてきました。結局、審判の基本や動きなんてプレーする側には関係ないし、勉強する必要もないという感覚なのかもしれません。

 私は審判員ではありませんし審判員になるつもりもありませんが、審判の立場で試合を見ることはルールを勉強する上でも有用なので、審判メカニクスハンドブックで審判の動きを覚えたり、少年野球の練習試合で審判をやって実践経験を積んだりもしました。昨年11月に日本アマチュア野球連盟編「野球審判員マニュアル」(ベースボールマガジン社)という本が発売されましたが、これはとても役に立つ本です。審判の事だけではなく、公認野球規則を読んだだけでは分からない規則適用上の解釈についても解説しています。指導者も是非読んで欲しい一冊だと思います。
posted by kudakeishi at 10:55| Comment(0) | 野球雑感

2012年10月30日

日本野球連盟の公式記録完全マニュアル

 私が野球のスコアのつけ方を覚えたのは二十数年前。都内の某区軟式野球連盟に所属する会社の草野球チームにいた頃でした。市販の解説本を読んで試合で実践して覚えるという、しごくまっとうな習得の仕方だったと思います。本は複数のものを参考にしましたが、本によって使っている記号は違うし、記入の仕方も様々です。歴史的にも早稲田式と慶応式があるとか、高校野球の全国大会でも春の選抜と夏の選手権では公式記録で使う記号が違うとか(主催が毎日新聞と朝日新聞で違うから)、いろんな話があって、まあそういうものなんだろうと思っていました。なので、自分で一番しっくりくる記号を使い、自分流のスコアのつけ方を作り上げたわけです。

 カルチャーショックを受けたのは12年ほど前。長女が小学3年でソフトボールを始めた時でした。競技者必携に「統一記号」と称して記号の一覧が載っているのです。専用のスコアブックにも、巻頭か巻末にやはり「統一記号」の一覧が載っています。国内のソフトボールの組織は日本ソフトボール協会に一本化されていて、すべての団体がその傘下にある。というのが野球との決定的な違いで、その違いがこういうところにも表れているのだという事を知り、なるほど!と納得すると同時に、野球もせめてスコアのつけ方くらい統一できないものかと思ったりもしました。

 今年の3月に「日本野球連盟の公式記録完全マニュアル」という本がベースボールマガジン社から出ました。編集は日本野球連盟です。日本野球連盟が公式記録で使用する記号や記入方法が解説してある本ですから、これを踏襲する事には大きな意味があると思います。もちろん、日本ソフトボール協会のような唯一無二の組織ではなく、プロ野球(NPB)も日本学生野球協会も全日本軟式野球連盟も別の組織で横並びですから、この本に載っている事が絶対的なものというわけではありませんが、それでもある組織で統一されたものが市販されるというのは大事な事だと思います。2006年に公認野球規則が市販化されたのに匹敵する出来事ではないかと思っています。

 最近、この本に従ってスコアを付けながら高校野球の試合を見る事があります。今まで私が使っていた記号やつけ方とは異なる部分も多いので苦労しますが、苦労してでもこれを覚える価値は十分あると思っています。1200円+税。これからスコアのつけ方を覚えようとか、何か解説本を買おうとか思っている方にはオススメです。
posted by kudakeishi at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑感

2011年07月11日

罪と罰のバランス

 放棄試合のスコアについて全日本軟式野球連盟技術委員会から回答が届いていますが、それはまた後日ご紹介するとして、今日は別のお話です。

 先日、Aチーム夏季大会の2回戦で監督不在のため代行を務めたのですが、昔から様々な議論を巻き起こしてきた「あの行為」と「その処置」を目の当たりにする事になりました。「あの行為」は、ホームランを打った打者走者が三塁ベースコーチ(俗称ランナーコーチ)とハイタッチをすること、「その処置」は、その打者走者をアウトにする事です。ホームランを打ったのも、ハイタッチをしてアウトになったのも相手チームの選手なので、試合の中で私が不平不満を言う立場になかったので何も言いませんでしたが、これほどバランス感覚に欠けた裁定はないと昔からずっと思っていたので、そのあたりを少し書いておきたいと思います。

 そもそもこの行為については大きく分けて二つの視点があります。
(1)ハイタッチという行為にペナルティを与える理由は何か?
(2)そのペナルティとして打者走者アウトが適切かどうか?
という2点です。(1)については、昔から議論されている中でベースコーチの肉体的援助に該当するという人もいますが、そんなのが詭弁であることは言うまでもありません。考えられるのはただ一つ、マナー上の問題です。「相手を思いやらない行為」というやつです。そんな事を言うなら、ガッツポーズはいいのか、ホームインした後のハイタッチはいいのか、笑うのはいいのか、と考えると馬鹿馬鹿しいの一言だと私は思っていますが、世の中いろんな価値観の人がいますから、ここではそれは敢えて追求しない事にしておきます。

 問題なのは(2)の方で、良いか悪いかは別としてマナー上の問題で打者走者にペナルティを与える場合に「アウト」という罰則が適切かどうかです。走者をアウトにする、投球をボールとする(ストライクとする)、走者を一つ(二つ、三つ)進塁させる、など試合を進行する上でのペナルティは様々ありますが、それらはすべてプレー上の規則違反に基づくペナルティです。守備を妨害する、打撃を妨害する、反則投球をする、などがそれが該当し、その場合にそれらのペナルティを科すわけです。一方、プレー以外の行為に対するペナルティはどうでしょう。例えば、一塁走者が一塁手に対して暴言を吐いたらどうなるでしょう。もっと極端な例なら、一塁手をぶん殴ったらどうなるでしょう。後者なら間違いなく退場、前者なら注意か場合によっては退場もあり得るかもしれません。しかし、何れの場合にもアウトになる事はありません。退場になった選手に代わって別の選手が一塁走者になるだけです。ハイタッチをマナー上の問題としてペナルティを科すなら、これと同種のペナルティの科し方でなければ筋が通りません。それが罪と罰のバランスというものです。

 私はホームランを打った打者と三塁ベースコーチのハイタッチがいけない事だとは思っていませんが、どうしてもこれにペナルティを科したいというのなら、せめて罪と罰のバランスのとれた筋の通ったペナルティの科し方をして欲しいと思います。ちなみに今回の件は、記録はホームランにするのだそうです。こうなるともう収拾がつきません。アウトで点も入らないけどホームラン。ホームラン賞があるので、打った子供に配慮したのだろうと想像しますが、そこで配慮するくらいなら最初からアウトになどしなければいいのです。まあ、これを機会に審判団、野球部会の中で今後の対応を明確にし、各チームに対して明確な方針を通達して頂く事を期待しています。

 そういえば、抽選会の時の「試合中のタイムについての説明」に対する不明点をチームの窓口である父母会長を通じて野球部会に質問してもらっていたのですが、大会2日目が終わった現在も未だ回答を頂いていません。もう試合は終わっちゃいました・・・。
posted by kudakeishi at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑感

2011年06月02日

放棄試合は9-0か7-0か(その2)

 前回、7イニング制の試合では没収試合を7−0にするという事が競技者必携に書かれていないのは、公認野球規則通り(その由来に基づき)9−0とするのが軟式野球連盟の本意だと私は解釈しているという趣旨の事を書きましたが、どうやらこれは私の誤解だったようです。全日本軟式野球連盟に正式な見解を求めたところ、下記回答を頂きました。
『放棄試合(没収試合)の公式記録について、公認野球規則上の解釈はご指摘のとおり、「9人のプレーヤー」という意味で9-0とされることは理解したうえで、幣連盟では7イニングでは7-0、5イニングでは5-0と記録することとしております。』
という事で、7イニング制の試合では放棄試合は7−0とするというのが、全日本軟式野球連盟の公式見解だという事がはっきりしました。スポーツ少年団野球部会と全日本軟式野球連盟は全く別の団体ですが、スポ少野球部会は全軟連のルールに従うスタンスをとっていますので、これについても同じと考えて間違いないと思います。

 一方、この回答では理解できない部分もあります。
(1)連盟規則にも競技者必携にも記載されていない場合、公認野球規則に従うのが常識だと私は思います。そうすると、7-0または5-0とする事について一般には公開されていない連盟内規のようなものがあるのか、あるいは明文化されていない申し合わせ事項のようなものがあるのか。いずれにせよ、7-0または5-0は何によって決められているのか?
(2)「9人のプレーヤー」という意味で9-0とされることを理解していながら7-0または5-0としている理由は何なのか?特別な事情がなければ理解している通りにするはずで、理解とは違う事をしているには特別な事情があるはず。
という2点について、現在問い合わせをしています。どんな回答が返って来るか楽しみです。
posted by kudakeishi at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑感

2011年05月28日

放棄試合は9-0か7-0か

 現在行われている大会で放棄試合があり、審判団から7−0という情報がありました(当事者チームのホームページによると実際のスコアは1回途中で23−0)。当チームのホームページに掲載しているトーナメント表には7−0と記載してあります。

 さて、公認野球規則の2.31でFORFEITED GAME「フォーフィッテッドゲーム」(没収試合)というのが定義されており、4.15〜4.17で様々なケースが定められていますが、9−0で過失のないチームに勝ちを与える事になっています。4.17には、「一方のチームが競技場に九人のプレーヤーを位置させることができなくなるか、またはこれを拒否した場合、その試合はフォーフィッテッドゲームとなって相手チームの勝ちとなる。」と定められていて、これがいわゆる放棄試合に該当します。フォーフィッテッドゲーム(没収試合)ですから記録上は当然9−0となります。

 少年野球など7イニング制の試合では、放棄試合のスコアを7−0とする場合が多くありますが、アマチュア内規にも、軟式野球のバイブル的存在である競技者必携(全日本軟式野球連盟)にもそのような記述は一切ありません。おそらく、9イニング制の試合で9−0だから7イニングなら7−0と考えて、公認野球規則の記述を勝手に7−0と読み替えているのだと思いますが、これは適切な運用なのでしょうか。結論から言うと、私は適切でないと考えています。もちろん、明文化されたルールがなければ、何が何でも絶対ダメというわけではありません。その運用の根拠になっている部分に正当性があれば、習慣としてそういう運用をする事は問題ないと私は考えています。問題なのは、公認野球規則で定められている9−0が何に基づいているかという事です。本当に野球が9イニングだから9−0なのでしょうか。

 The New Dickson Baseball Dictionary (Paul Dickson著)の forfeited game の項には最後に次のように書かれています。
The offcial score of a forfeited game is 9-0 because many early forfeited game occurred when one team could not field nine players.
没収試合になるケースはメンバー表の誤記、登録外選手の出場、乱闘で収拾がつかなくなるなど様々ありますが、9人揃わないというケースが多かったからというのが9−0というルールの起源のようです。つまり、イニング数とは関係なく、野球が9人で行うという事に由来しているわけです。だとしたら、7イニング制の試合だからといって、放棄試合を7−0とするのは適切な運用とは言えないでしょう。競技者必携に没収試合を7−0とする記述は無いと書きましたが、これは意図的なのかもしれません。7イニング制の軟式野球でも公認野球規則通り没収試合は(その由来に基づき)9−0とするというのが軟式野球連盟の意思だと私は解釈しています。

 ちなみに、上記 The New Dickson Baseball Dictionary はすばらしい本です。もう10年くらい使っていますが、単なる用語の解説だけではなく、由来や事例など周辺の情報が豊富に盛り込まれていて、野球界で使われる様々な言葉について調べたい時に非常に役に立つ本です。ただ難点は英語だということ。私は3ヶ国語(日本語標準語=中級、津山弁=上級、出雲弁=初級)を操りますが、英語はどうも苦手でなかなか4ヶ国語マスターというレベルに到達しません。その私でも何とか使えていますから、まあ大抵の人は問題なく使えると思います。Amazonでも購入できますから、野球オタクを自称する方(ちょっと違った観点で野球を眺めてみたい方)には是非購入をオススメします。

 更にもう一冊オススメなのが「わかりやすい公認野球規則」(鈴木美嶺・編)です。規則委員会の委員であった故・鈴木美嶺さんによる野球規則の解説本ですが、ルール改正の歴史的背景や事例、どのような考え方に基づく改正だったかなどを詳しく解説している名著です。が、今となっては入手するのは困難だと思います。私が持っているのは1991年版ですが、確か94年版を最後に改訂版は出ていません(故人となられたため)。私も新品を購入したわけではなく、以前野球ルールに関するホームページを運営していた時に、そこを通じて知り合った方が2冊持っているからという事で1冊譲って下さったのでした。ありがたい事です。という事でオススメしても仕方ない本です。残念でした〜(優越感)。
posted by kudakeishi at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑感