2012年10月27日

8ミリカメラと藤沢シネマ

 デジタルカメラや写真に関する雑誌は数多くありますが、ビデオ撮影や編集に焦点を当てた雑誌ってあまりないんですよね。

 ビデオSALONという雑誌があるのをご存じでしょうか。ビデオ撮影や編集に興味のない人はたぶん知らないでしょうし、本屋で見かけてもまず手に取らない雑誌だと思いますが、私はほぼ毎月買っています。ベースボールクリニックですら毎月欠かさず買うという事はありませんから、私の中ではランキング最上位の雑誌という事になります。

 さて、そのビデオSALONの10月号に小田学監督がマリリンモンローズのPV「サイレントヒル」作成にiPhoneアプリの「8ミリカメラ」を使用したという特集記事が載っていて、古びた映像が簡単に撮れるという事でちょっと気になっていたのですが、先日父の一周忌で帰省した際にダウンロードしてちょっと試し撮りしてみました。ちなみに有料アプリで170円です。
 いろいろ設定が変えられるのですが、フィルムはSinema、アスペクト比4:3、HDオンで撮影した実家とその周りの映像です。特に何もしていません。ただ単に撮影しただけの映像です。結構使えそうなので、これからいろいろ試してみようと思っています。




 ところで、ビデオSALONで『藤沢シネマ』という企画が2011年3月号から1年間12回にわたって連載されました。女優・藤沢玲花(とにかくかわいい!)主演のショートムービーを”映画好き”が原則ロケは1日、製作費5万円という条件で毎月1本製作し、web上映するという企画です。という事で計12本あるわけですが、その中で私が特に好きなのが次の2本です。

 まず一つ目が小田学監督の『二人』。前述のマリリンモンローズのPVを作った人ですが、この作品の最後に登場する宇宙人バンドがマリリンモンローズです。この独特の雰囲気は結構クセになります。



解説はこちら↓
http://www.genkosha.com/vs/cat753/entry/11_13.html


 二つ目は雨宮真五監督の『Shooting Memories』。ドキュメンタリー系の人だというのが一目で分かる作品で実に秀逸。最後にあるキーワードが出てきて、私は今年の二冠馬のお父さんが頭に浮かびましたが、もちろんその馬の事ではありません。音楽も秀逸。ラストシーンの曲は最初ラフマニノフの交響曲第2番第3楽章(最近缶コーヒーのCMで使われている曲)かと思いましたが、それをモチーフにしたオリジナルみたいです。ラフマニノフは盛り上がりそうなところで抑えてしまうモヤモヤ感があるのですが、この曲はそこをしっかり盛り上げてくれてスッキリさせてくれる曲で私は結構好きです。



解説はこちら↓
http://www.genkosha.com/vs/cat753/entry/12_11.html


 最後に小田学監督のマリリンモンローズのPV『サイレントヒル』です。iPhoneアプリもこんな使い方ができるんですね。

posted by kudakeishi at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ撮影と編集
この記事へのコメント
たまたまHPを発見しました。作品見ていただいて、しかも気に入って頂けたみたいで嬉しいです!どうもありがとうございます!
Posted by 小田学 at 2012年12月03日 21:33
監督ご本人からコメント頂いて恐縮です。
二人の言葉の応酬、マリリンモンローズの魅了の引き出し方、見事の一言だと思います。
次回作も楽しみにしています。
Posted by ケボ at 2012年12月03日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61292672

この記事へのトラックバック