2014年08月30日

広〜い広〜い外角ストライクゾーン

埼玉県西部地区新人戦の準決勝をビデオ撮影観戦しました。

第一試合の川越東×所沢北の試合の球審にびっくり。右打者の外角のストライクゾーンが異常に広いんですよね。高校生ですから文句も言わず引き下がりますが、これはあまりにも酷すぎます。次の動画はその一部です。



これがストライクと分かれば普通の感覚を持ったキャッチャーならそこを使います。打者もそこはストライクを取られると気づくようになりますから手を出さざるをえなくなります。手を出しても打てるようなところではないのに・・・です。そしてそれは試合の質を落とすことに繋がるわけです。

高校野球(に限らずアマチュア野球全般に言える事ですが)審判の方々が色々な事を犠牲にして、球児のためにご尽力されていることは百も承知しています。ですが、だからと言って何でも許されるわけではないとも思っています。基本的な技術を身に着ける義務があるのは当然のことであって、それをしようとしない人はそこに携わってはいけないと私は思っています。この球審には是非改善に努めて欲しいと思います。

撮影した試合のフル動画はこちら。

川越東×所沢北
http://youtu.be/-Lud9remhy0

聖望学園×市立川越
http://youtu.be/kqq5M-RWKJk

posted by kudakeishi at 21:28| Comment(0) | 野球観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: