2013年03月10日

審判の目線で野球を見る

 WBCも盛り上がって?きましたが、WBCを見るたびに第一回の誤審問題を思い出します。といっても私が思い出すのは誤審そのものではなく、試合後の王監督のコメントです。「一番近くで見ていた審判がセーフと言ってるんだからセーフに間違いないんですよ。」という趣旨のコメントに当時の私は愕然としました。

 1死満塁で打者は6番・岩村。打球は犠牲フライには十分なレフトフライ。リードをとっていた3塁走者の西岡が3塁ベースに戻り、レフトが捕球した瞬間にスタート。球は内野に戻っただけで西岡はホームイン。という状況の中で、アメリカ側の「離塁が早かった」というアピールに対して2塁塁審はセーフの判定をしたが、球審が判定を覆してアウトにした。スローで見たら完全にセーフと思われるタイミングで誤審と球審の対応が大問題となった。というのが事の概略です。

 別に私はこの問題を今更蒸し返そうとは思いませんが、王監督のコメントに呆れ、情けない思いをしたのが未だに忘れられないのです。このケースでは、3塁塁審は打球を追い捕球の確認、2塁塁審が2塁と3塁の間に入って3塁でのプレーにも対応できるよう準備、球審がレフトの捕球位置と3塁の延長線上つまり捕球と離塁が同時に見られる位置に入る、というのが審判の動きで、従ってこの判定は本来球審がすべきであって、2塁塁審がしてはいけないわけです。2塁塁審は横から見ているわけですから、捕球と離塁を同時に見るのは非常に難しく、3塁に近づけば近づくほどより難しくなるわけです。それをですよ「一番近くで見ていた審判が・・・」なんて事を長年野球に携わり、野球界のトップと言ってもいい人が発言したことに呆れるやら腹が立つやら・・・。今思い出してもムカムカしてきました。結局、審判の基本や動きなんてプレーする側には関係ないし、勉強する必要もないという感覚なのかもしれません。

 私は審判員ではありませんし審判員になるつもりもありませんが、審判の立場で試合を見ることはルールを勉強する上でも有用なので、審判メカニクスハンドブックで審判の動きを覚えたり、少年野球の練習試合で審判をやって実践経験を積んだりもしました。昨年11月に日本アマチュア野球連盟編「野球審判員マニュアル」(ベースボールマガジン社)という本が発売されましたが、これはとても役に立つ本です。審判の事だけではなく、公認野球規則を読んだだけでは分からない規則適用上の解釈についても解説しています。指導者も是非読んで欲しい一冊だと思います。
posted by kudakeishi at 10:55| Comment(0) | 野球雑感