2012年10月30日

日本野球連盟の公式記録完全マニュアル

 私が野球のスコアのつけ方を覚えたのは二十数年前。都内の某区軟式野球連盟に所属する会社の草野球チームにいた頃でした。市販の解説本を読んで試合で実践して覚えるという、しごくまっとうな習得の仕方だったと思います。本は複数のものを参考にしましたが、本によって使っている記号は違うし、記入の仕方も様々です。歴史的にも早稲田式と慶応式があるとか、高校野球の全国大会でも春の選抜と夏の選手権では公式記録で使う記号が違うとか(主催が毎日新聞と朝日新聞で違うから)、いろんな話があって、まあそういうものなんだろうと思っていました。なので、自分で一番しっくりくる記号を使い、自分流のスコアのつけ方を作り上げたわけです。

 カルチャーショックを受けたのは12年ほど前。長女が小学3年でソフトボールを始めた時でした。競技者必携に「統一記号」と称して記号の一覧が載っているのです。専用のスコアブックにも、巻頭か巻末にやはり「統一記号」の一覧が載っています。国内のソフトボールの組織は日本ソフトボール協会に一本化されていて、すべての団体がその傘下にある。というのが野球との決定的な違いで、その違いがこういうところにも表れているのだという事を知り、なるほど!と納得すると同時に、野球もせめてスコアのつけ方くらい統一できないものかと思ったりもしました。

 今年の3月に「日本野球連盟の公式記録完全マニュアル」という本がベースボールマガジン社から出ました。編集は日本野球連盟です。日本野球連盟が公式記録で使用する記号や記入方法が解説してある本ですから、これを踏襲する事には大きな意味があると思います。もちろん、日本ソフトボール協会のような唯一無二の組織ではなく、プロ野球(NPB)も日本学生野球協会も全日本軟式野球連盟も別の組織で横並びですから、この本に載っている事が絶対的なものというわけではありませんが、それでもある組織で統一されたものが市販されるというのは大事な事だと思います。2006年に公認野球規則が市販化されたのに匹敵する出来事ではないかと思っています。

 最近、この本に従ってスコアを付けながら高校野球の試合を見る事があります。今まで私が使っていた記号やつけ方とは異なる部分も多いので苦労しますが、苦労してでもこれを覚える価値は十分あると思っています。1200円+税。これからスコアのつけ方を覚えようとか、何か解説本を買おうとか思っている方にはオススメです。
posted by kudakeishi at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑感

2012年10月27日

8ミリカメラと藤沢シネマ

 デジタルカメラや写真に関する雑誌は数多くありますが、ビデオ撮影や編集に焦点を当てた雑誌ってあまりないんですよね。

 ビデオSALONという雑誌があるのをご存じでしょうか。ビデオ撮影や編集に興味のない人はたぶん知らないでしょうし、本屋で見かけてもまず手に取らない雑誌だと思いますが、私はほぼ毎月買っています。ベースボールクリニックですら毎月欠かさず買うという事はありませんから、私の中ではランキング最上位の雑誌という事になります。

 さて、そのビデオSALONの10月号に小田学監督がマリリンモンローズのPV「サイレントヒル」作成にiPhoneアプリの「8ミリカメラ」を使用したという特集記事が載っていて、古びた映像が簡単に撮れるという事でちょっと気になっていたのですが、先日父の一周忌で帰省した際にダウンロードしてちょっと試し撮りしてみました。ちなみに有料アプリで170円です。
 いろいろ設定が変えられるのですが、フィルムはSinema、アスペクト比4:3、HDオンで撮影した実家とその周りの映像です。特に何もしていません。ただ単に撮影しただけの映像です。結構使えそうなので、これからいろいろ試してみようと思っています。




 ところで、ビデオSALONで『藤沢シネマ』という企画が2011年3月号から1年間12回にわたって連載されました。女優・藤沢玲花(とにかくかわいい!)主演のショートムービーを”映画好き”が原則ロケは1日、製作費5万円という条件で毎月1本製作し、web上映するという企画です。という事で計12本あるわけですが、その中で私が特に好きなのが次の2本です。

 まず一つ目が小田学監督の『二人』。前述のマリリンモンローズのPVを作った人ですが、この作品の最後に登場する宇宙人バンドがマリリンモンローズです。この独特の雰囲気は結構クセになります。



解説はこちら↓
http://www.genkosha.com/vs/cat753/entry/11_13.html


 二つ目は雨宮真五監督の『Shooting Memories』。ドキュメンタリー系の人だというのが一目で分かる作品で実に秀逸。最後にあるキーワードが出てきて、私は今年の二冠馬のお父さんが頭に浮かびましたが、もちろんその馬の事ではありません。音楽も秀逸。ラストシーンの曲は最初ラフマニノフの交響曲第2番第3楽章(最近缶コーヒーのCMで使われている曲)かと思いましたが、それをモチーフにしたオリジナルみたいです。ラフマニノフは盛り上がりそうなところで抑えてしまうモヤモヤ感があるのですが、この曲はそこをしっかり盛り上げてくれてスッキリさせてくれる曲で私は結構好きです。



解説はこちら↓
http://www.genkosha.com/vs/cat753/entry/12_11.html


 最後に小田学監督のマリリンモンローズのPV『サイレントヒル』です。iPhoneアプリもこんな使い方ができるんですね。

posted by kudakeishi at 01:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ撮影と編集

2012年10月18日

母親の愛には勝てません

 私には芸術的なセンスがないので、ビデオ撮影はあくまでも記録の手段という感覚があります。芸術的なセンスがあればもっと違う撮り方もあるのでしょうが、それは私にはできないのでとにかく記録に徹することにしています。編集で多少味付けはしますけど。

 以前も書きましたが、ある1人の子に焦点を当てて考えたときに、ほとんどその子しか映っていない映像というのは記録としては不十分で、そのときに一緒だった仲間がいて、関わっていた人たちがいて、使っていたモノがあり、周りの建物や景色があり、そういう諸々のものが映像の中にあり、その中に当人がいて初めて「その子の記録」と呼べるものだと私は思っています。これも前に書きましたが、まだ子供が幼かった頃に子供のアップばかり撮影する妻に「これじゃあ子供の成長記録にならんだろう!」と余計な事を言ってしばらく口をきいてもらえなかった経験もあります。

 あれから十数年。2年前に妻が撮影した映像がこれです。校内とはいえ合唱コンクールを撮影した映像です。どうです、この一寸の迷いもない映像。これ、ピアノの発表会ではありません。合唱ですよ合唱。映像の微妙な動きを見て分かる通り三脚固定ではなく手持ちカメラでの撮影です。もの凄い忍耐力です。「合唱」を撮りたくなる衝動なんてなんのその。ここまでくるともう脱帽です。母親には勝てないです、はい。

posted by kudakeishi at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ撮影と編集

2012年10月14日

野球の試合の撮影・編集例(4)

 一応今回の第四弾で撮影・編集例は一区切りにしようと思います。

 今回は少年野球です。毎年卒団の季節に一年間の活動をまとめた30分〜60分くらいのビデオを作成していたのですが、エンディングではいつも卒団生一人一人にスポットを当てた映像を作るようにしていました。今回ご紹介するのは2010年度のものですが、この年だけ気まぐれでオープニングにこれをもってきました。しかも、普通は顔写真から入るところを背中(背番号)から入るという演出をしてみたのですが、自分でも結構気に入っているものの一つです。実際の卒団記念ビデオでは別のBGMを使っているのですが、これは一般公開用にBGMを変更したオープニングの部分だけを取り出したものです。




 三盗を刺したキャッチャーが笑顔でベンチに戻り、監督に頭をポンポンと叩かれるのも好きなシーンの一つです。
posted by kudakeishi at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ撮影と編集

2012年10月13日

野球の試合の撮影・編集例(3)

 野球の試合の撮影と編集例第三弾です。今回の映像は中学校軟式の試合です。厳密にはK-BALLの大会なので純粋な軟式とは異なりちょっと特殊なボールですが。

 軟式の大会の場合は比較的近くから撮影できる場合が多いので助かります。特に軟式用の球場だとバックネット裏から撮影する場合でも本塁とバックネットとの距離が近い場合が多く、それほどズームで寄らなくても撮影できるので手持ちで撮影しても手振れに気を使わなくて済みます。

 今回の例は、バックネットの網目からレンズを出して撮影するというちょっと特殊な撮影の仕方をしています。これも軟式の試合ならではです。左右にカメラを振るときにやや不自由さはありますが、バックネット越しの映像の煩わしさはなくなります。

posted by kudakeishi at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ撮影と編集