2012年02月28日

思考回路(3)目的は何?

「ここ掃いた?」

 昔、学校で掃除の時間にそんな事を聞く人がよくいましたが、あの人たちにとって掃除って何だったんでしょうね。既に誰かが掃いていたとしても、まだゴミがあるなら掃かなきゃいけないわけですし、誰も掃いてなくても全然ゴミがないのなら掃く必要はありません。キレイにするのが掃除の目的ですから、掃くかどうかはキレイかどうかで決める事であって、既に掃いたかどうかで決める事ではないはずです。つまり「ここ掃いた?」という質問には何の意味もないし、それどころか掃除というものに真剣に取り組んでいない事を自ら白状しているようなものです。中高生の頃の私は、そんなアホな質問に真っ向から直球を投げ返す生徒でしたから、そういう面では結構面倒くさがられた存在だったような気がします。今の勤務先でも金曜は事務室のフロアを自分たちで掃除する時間があって、やっぱりアホな質問をする部下がいるんですが、人間ができてきたのかダメになったのか判断がつきませんが、直球は投げ返さずにチラッと横目で見て無視するようになりました。心の中で思っている事は同じですが。

 そもそも、きちんと目的を理解して、目的を達しようと思って行動すればこんな事は起こらないはずです。さすがに掃除のケースで目的を理解していない人はいないでしょうから、その目的を達しようとして行動していない、つまり惰性でほうきを動かしているだけだという事でしょう。こういうのが大嫌いなんですね、私は。

 少年野球の練習で、何も言わずにしばらく放っておくと、すぐにこの惰性の動きがグランドいっぱいに溢れてきます。今やっている練習が、一体どういう目的でやっているのか、何を意図した練習なのか、だからどういう所に気を配って練習しなければならないのか、といった事を理解しないまま練習をしたり、理解していてもやってるうちに何時の間にかどこかにぶっ飛んでしまっていたり。

 低学年の練習においても、私は必ずその練習の意図、目的を説明するようにしています。最初に説明してから練習を始める場合、ある程度練習をやってから途中で説明する場合、一区切りしてから説明する場合(その場合休憩後に同じ練習を行う)など、内容によって色々なケースがありますが、とにかく必ず目的を説明するようにしています。4年生くらいになればある程度理解できるでしょうが、1年生や2年生には理解できない事もたくさんあるでしょう。もしかしたらほとんど理解できていないかもしれませんが、私はそれでも構わないと思っています。練習には必ず意図するところ、目的というものがあって、効果的な練習にするためにはそれを理解し、意思をもって練習する事が大事だという事を、説明⇒練習というプロセスを通じて低学年時代に理解できないまでも何となくでもいいから感じておいてもらおうと思っています。高学年になればいずれちゃんと理解できるでしょう。

 「感じる」だけでヤモヤしていた事が「理解」に変わった時、驚くほど大きな力になることを私は経験的に知っています。微分と積分がそうだったように・・・。
posted by kudakeishi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月25日

思考回路(2)集中力

「〆切はその事を思い出すためにある。」

 これは私が学生時代、もう25年以上前の話ですが、研究室で3年間指導を受けた教授の言葉で、事実その先生は学会発表の要旨などは必ずと言っていいほど〆切の日に取り掛かっていました。

 さすがに私は「〆切はその事を思い出すためにある。」とまでは言いませんが、余裕をもって仕上げるという事は意図的にしないようにしています。なぜなら、その方が時間を効率的に使うことができるからです。どんな状況下にあっても優れた集中力が発揮できる人なら話は別でしょうが、私のような怠惰な人間は、期限に余裕がある状況で、圧倒的な集中力を発揮して短時間で目的物を仕上げるなんて事はなかなかできません。ところが尻に火がつけば、自分でも驚くほどの集中力を発揮して、短時間で成果物を得る事ができてしまうのです。〆切1ヶ月前なら3日かかる事が、〆切前日なら同じ質のものが3時間でできてしまうわけです。たぶん誰でも経験のある事だと思いますが、意図してそうすることで無駄な時間を作らなくて済むと私は考えています。

 私の先生の言葉が意味するところは、仕上げて形にする「作業」なんてものは、尻に火がついた状態で集中して短時間でやればいいのであって、それまでは創造的な事にたっぷり時間を使いなさいという事なのだろうと私は理解しています。例年、撮りためた少年野球の映像をまとめて一年の終わりにビデオ作品を作って団の総会(卒団式)の日に上映していますが、これもアウトプットを作るのはほとんど直前の1週間で、毎年前日の夜徹夜して完成させている状態です。それまでは頭の中でイメージをあれやこれや思いめぐらせているだけで、いわゆる「作業」はほとんどしていません。毎年徹夜になるんだから、いい加減学習して余裕をもってやれよと思われるかもしれませんが、私としてはこれでも一応先生の教えを守っているつもりです。

 この考え方は受験にも当てはまるような気がしています。受験のための勉強というのは、この最後の「作業」のようなもので、こんなものは直前の半年で集中してやればいいものだと思っています。2年も3年も前から受験に備えた勉強という名の「作業」をやるのはバカバカしいと思うし、もっと他の楽しい勉強の仕方、楽しめる勉強というものがあると思います。そもそも勉強というのは楽しいもののはずですから。そういえば私の先生は「集中力を養えること」が受験の最大のメリットだと仰っていました。確かに本気モードの受験を経験した人とそうでない人では集中力に差がある事が多いような気がします。
posted by kudakeishi at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記