2010年10月16日

反省

 今日は市内の秋季大会2回戦が行われましたが、我がチームは1−2で敗戦してしまいました。監督が不在で、私が代行したのですが、試合指揮の難しさ、他人が作ったチームを指揮する事の難しさを痛感した一日でした。今日の試合は、それほど動きの激しい試合ではなかったので、ポイントになる場面が比較的はっきりした試合でした。

(1)1回表(守備)
 練習試合でも初回に簡単に2点、3点とられるケースが目立っていたので、試合前に「初回を0点で抑えるのが理想だけど、ランナーを出したら1点はやってもいいつもりで守れ。1点もやらない事にこだわって傷口を広げるのが一番まずい。」という注意をしていました。ランナーは出したものの0点で切り抜けられそうでしたが、守りのミスがあって結局1点を先行される結果となりました。まあ、この1点は想定内。

(2)2回裏(攻撃)
 たぶん、ここがこの試合の一番のポイントでしょう。4番四球、5番ヒットで無死1,2塁。6番が2球連続で送りバントをファウルにして失敗。ここで送れなかったのがまず一つ。3球目をバスターでいい当たりでしたが結局レフトフライ。ここで転がせなかったのが二つ目。実は裏事情としては、この打席中に明らかなボークの動作があったのですが、とってもらえなかったというのもありますが、これは仕方ないところでしょう。
 続く7番の最初にボークがあって一死2,3塁(6番のときと同様の動きで、今度はとってくれました)。6番で送ったのと同じ状況になったわけで、しかもボークという投手が最も動揺する状況です。今にして思えば、このボーク後の初球がスクイズの絶好のチャンスであり、しかも走者が4番、5番ですから2ランスクイズも狙えたのですが、その前にとってもらえなかったボークをとってもらえた事で私が安心モードになっていて、このチャンスをスルーしてしまいました。少し様子を見ようと待てのサインを出したのですが、これは完全に私のミスです。簡単に2球で2ストライクをとられ、スクイズのサインを出す事はできませんでした。結果的には四球で一死満塁となったのですが、4年生の下位打線になる事を考えれば、同じ4年生でも最も打撃に期待できるこの7番打者で勝負をしかけなければならなかったのです。この後、8番打者がスクイズで大きなミスを犯しますが、これはこの状況を作った私のミスに他なりません。

(3)4回裏(攻撃)
 1点をリードされたままの中盤。一死から4番、5番の連続ヒットで一死1,3塁。ここで私は6番の初球にスクイズをさせました。これで1−1の同点です。この時はこれがベストだと思っていました。なかなか点がとれなくて1点リードされたままの中盤。とにかく同点にすることが最優先・・・と私は考えました。少年野球で1,3塁の場合、1塁走者が盗塁し、2塁に送球してこないのが一般的(特に1点ゲームの場合)で、確実にストライクをとってくるわけですから、こんなにスクイズのやり易い場面はありません。案の定簡単に1点が取れて同点になりましたが、消極的過ぎたのではないか?走者が4番、5番という状況を考えれば、やはり盗塁で2、3塁にして、2ランスクイズで一気に逆点のチャンスを伺うべきだったのではないか?と、今は思っています。攻める気持ちが足りなかったような気がします。

(4)6回表(守備)
 先頭打者に四球。この試合始めての四球です。送りバントで一死2塁。続く3番がライトフライで二死。ここでこの試合2塁打2本の4番打者。一瞬マウンドに行こうかと思いました。言う事は一つだけ。「ストライクは投げるな」です。結局ベンチのコーチから「歩かせてもいいぞ!」という声もあり、マウンドには行かずにそのまま任せました。結果はライト前ヒットで決勝点を奪われることになったわけです。

 ああすれば良かった、こうすれば良かった・・・今思えば後悔ばかりですが、もう一つ、自分が作ったチームではないという所に大きな難しさを感じた試合でもありました。サインに対する行動が、そう教えられてしているのか、分かってなくてしているのか、このチームをずっと見ているわけではない私には判断がつかないのです。例えば、待てのサインを出したときに状況によってバントの構えをする事がありますが、ここでバントの構えをされたら困るという場合もあります。相手守備にバントを意識させたくない場面です。でも、もしかしたら、あるパターンでバントの構えをする事にしているかもしれないわけで、そこの判断は私にはつかないので、その行動に対して私は選手には何も言えないわけです。要するに、自分が完全に把握していないチームの指揮を執ること自体に無理があるという事です。

 私は今現在はBチーム(低学年チーム)の監督に専念していますが、来年はこういう事態に備えてAチームも細かいところまで把握しておくべきか、やはりBチームに専念して、こういう事態のときは他の人に任せるべきか、少々迷っています。前者にするとBチームへの対応が今のようには行かなくなるのは当然のことですから。
posted by kudakeishi at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑感

2010年10月09日

ボールをズボンで拭く行為

 今日は秋季大会2回戦の予定でしたが、ちょうど試合開始の頃降り始めた雨が1回表途中から強くなり、結局1回表終了時点でノーゲームとなりました。皆様お疲れ様でした。

 さて、試合後に当チームの先発投手に対して、ユニフォームのズボンでボールを拭く行為をやめさせるよう審判員の方から注意がありました(雨が降っているので仕方ないとは思いますが・・・という注釈付ではありましたが)。その時に、コーチの一部の方に私の方からルール上は問題ないという話をしましたが、その詳細についてご説明をしておきます。そもそも公認野球規則では、8.02で投手の禁止事項として次の事が記載されています。

8・02 投手は次のことを禁じられる。
(a)(1) 投手が投手板をかこむ18フィートの円い場所の中で、投球する手を口または唇につけること。
  (2) ボール、投球する手またはグラブに唾液をつけること。
  (3) ボールをグラブ、身体、着衣で摩擦すること。
  (4) ボールに異物をつけること。
  (5) どんな方法であっても、ボールに傷をつけること。
  (6) 本項の(2)〜(5)で規定されている方法で傷つけたボール、いわゆるシャインボール、スピットボール、マッドボール、あるいはエメリーボールを投球すること。
  ただし、投手は素手でボールを摩擦することは許される。

ズボンでボールを拭く行為は(3)に違反するわけですが、一方、全日本軟式野球連盟が発行している「競技者必携」では次のように定められています。

競技に関する連盟特別規則
十一 規則8.02(a)項中の、(4)の「球に異物をつけること」および(5)の「どんな方法であっても球に傷をつけること」は規則どおり実施するが、(1)、(2)、(3)は採用しない。

つまり、ズボンでボールをこすって拭いても構わないと規定されているわけです。更に、この競技者必携にはルールに関する問答集があり、次のような問答が掲載されています。

46【問】投手板の近くで、投手が投球する方の手に唾液をつけた。差し支えないか。
 【答】差し支えない。「軟式野球」では、手を口につけることや、球またはグラブに唾液をつけること、球をグラブ、ユニフォームなどでこすることは特に影響がないので許されている。

硬球と軟球は材質も構造もまったく異なります。ユニフォームでこする事で表面に細かい傷をつけるといった状態変化を起こすことができる硬球と違い、軟球では問題となるような変化をもたらす事は考えにくいので、別に禁止する必要がないという事です。公認野球規則は基本は米国オフィシャルルールの訳本ですから(記述や解釈で一部異なりますが)、軟式野球の事などまったく考慮の中にないのは当然のことです。

 軟式野球連盟傘下の学童野球はもちろん、傘下でないスポーツ少年団も適用規則は軟式野球連盟特別規則であり、バイブルとして競技者必携を使用しているわけですから、投手がズボンでボールを拭く行為が問題ない事は疑いようのない事実です。もっとも私に言わせれば、ボールがズボンで拭かなければならないような状態なら、タイムをかけてボール交換してもらえばいいわけですから、その行為そのものが不必要な事だとは思いますが、ルール上やっていい事なのか否かはきちんと把握しておく必要がある事は言うまでもありません。審判員なら尚更でしょう。例えば試合中にその事を投手本人が注意されたために動揺して投球が乱れるなんて事だってあり得る話です。ルールで認められている行為なのに、審判が知らなかったために注意されて投球が乱れたら投手が可哀想というものです。

 という事で、私としては次のような指導をしたいと思います。
(1)ズボンでこすってボールを拭く事は軟式野球ではルールで認められている。
(2)しかし、ボールが汚れているとか濡れているとかで、そうしなければならないような状態なら、タイムをかけてボールを交換してもらいなさい。

※言うまでもない事ですが、投手板についた状態でボールをズボンで拭くのはNGです(上で書いた事とはまったく別問題です)。走者がいればボークです。私の身近で行われている少年野球ではボークどころか注意をされているところすら見たことはありませんが、せめて注意くらいはすべきだと思っています。もしかしたら、今日注意をされた審判員の方は、その事をおっしゃっていたのかもしれません。
posted by kudakeishi at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球雑感